サイトアイコン 横浜小鳥の病院

【卵塞症・卵管摘出】なっちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのなっちゃんのご紹介です。

なっちゃんは、11歳2ヶ月の女の子です。去年の8月に卵詰まりを起こし、鳥の病院にて圧迫を行いましたが、お腹の中で割れて殻が残ってしまっていました。その後レントゲン検査で経過を見ていましたが、さらに卵ができてしまい、卵黄のみ排泄されたため来院しました。検査をしてみると、卵の中に殻がある状態で停滞していました。卵塞症と診断し手術を行なうことになりました。

手術は、まず逆L字切開にて開腹しました。次に卵材が停滞している部分の卵管を切開して、卵を取り出しました。その後卵管を摘出し、術式終了としました。

お腹が楽になって良かったですね。今後も発情しないよう生活に気をつけていきましょう。

Birds' Grooming Shop通販サイト

横浜小鳥の病院併設ショップ 鳥・うさぎ・小動物の最適な暮らしと看護をサポートする用品通販ショップ

インコ、オウム、フィンチの飼い主さんのニーズに応える「横浜小鳥の病院」併設ショップBirds Grooming Shop(バーズグルーミングショップ)です。

100%オーガニック原料のハリソンバードフード日本正規代理店。一般の方から動物病院・ペットショップ関係の方までお気軽にご相談ください。
モバイルバージョンを終了